コンピュータ対戦型四人打麻雀アプリ
原点であり 到達点である

コンピュータ麻雀の代名詞『AI麻雀』の携帯ゲームが誕生!

ゲーム画像

Windowsソフトで人気を博した『AI麻雀』の携帯ゲームが誕生!
大容量のコンテンツも遊べる「メガアプリ」に対応したことで、膨大な思考エンジンをアプリ内に格納することが可能となり、コンピュータ雀士とのリアルな対局が携帯でも楽しめるようになりました!

ゲーム特徴 その壱 「AI思考エンジン」

ゲーム画像

AI思考エンジンを搭載し、リアルな「強さ」を追及し続けるAIシリーズ。
もちろんiモード版でも、本格的な打ち筋を再現した思考エンジンはそのまま搭載。
麻雀ソフトは数多くありますが、やはり強さを志向するものこそ本道であり、原点であり、また目指すべきところと言えるでしょう。
多くのソフトが安易な娯楽性に堕している残念な現状がある中、AI麻雀の思考エンジンは、他を圧する実力で好評を博しています。
本作での新たな到達は、あなたを本気にさせずにはおかないでしょう。

ゲーム特徴 その弐 「充実のヒント機能」

ゲーム画像
ゲーム画像

PC版同様、最適な打ち筋を教えてくれる「狙い役ヒント機能」と危険牌を教えてくれる「危険牌ヒント機能」を搭載。
これで、電車の中から布団の中までいつでもどこでも麻雀を学ぶことができますので初心者の方にもオススメです。

【狙い役ヒント機能】
現在の手牌から、狙える役の候補と狙い役別の捨て牌候補をに表示します。

【危険牌ヒント機能】
捨て牌情報をもとに手牌の危険度を表示します。

ゲーム特徴 その参 「リアルタイム通信対局」

ゲーム画像

本作では、NHN Japan株式会社の「MassplayerSystem Mobile」という通信ライブラリを採用することにより、携帯電話端末のネットワークを使って、遠隔地にいるユーザー同士の多人数同時対局も実現。時間や場所を選ばずに未知の相手との対局が可能!
対局ポイントを元にしたランキングも見られますので、自分自身の実力が確認できます。
対局中は定型文のチャットも可能。携帯電話なのでいわゆる”荒らし”や”なりすまし”が登場する可能性が大変低くなっており、女性の方でも安心です。

無料版も登場!

『AI麻雀オンライン』のオンライン対局専用版は無料で提供。
ヒント機能や大会に参加する事はできませんが、日本中の携帯雀士と対局が可能です。

また、i-modeとYahoo!ケータイのユーザはオンラインで対局できる仕組みになっています。
そのため、オンライン対戦ゲームでは「対戦相手がいない」といった事態が起こりがちですが、常に対戦相手がいる状態を作り出します。

     
サイト名
モバイルサイト「AI麻雀オンライン」
提供会社
ジャンル
モバイル通信対戦型麻雀ゲーム
対応機種
i-mode公式版:メガゲーム対応機種(一部端末を除く)
i-mode無料版:FOMA 900i〜/703i〜(一部端末を除く)
Yahoo!ケータイ公式版:メガアプリ対応機種(一部端末を除く)
料金
公式版:月額324円で遊び放題!
無料版:無料会員登録で遊び放題
※パケット通信料はお客様負担となります
アクセス方法
i-mode公式版:iMenu > メニュー/検索 > ゲーム > テーブルゲーム
i-mode無料版:http://aimg.jp/ ※携帯からアクセスしてください。
Yahoo!ケータイ公式版:Yahoo!ケータイ>ゲーム>テーブルゲーム
アクセス方法
(QRコード)
QRコード

"AI麻雀"は、株式会社イーフロンティアの登録商標です。
"Windows"の正式名称は、Microsoft Windows operating systemです。
"FOMA"、"iモード"、"iアプリ"、"メガゲーム"、"DoJa"は、NTTドコモの商標または登録商標です。
"Yahoo!ケータイ"、"メガアプリ"は、ソフトバンクモバイルの商標または登録商標です。
"MassplayerSystem Mobile"は、NHN Japan株式会社の登録商標です。
Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名、サービス名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。
本製品の仕様は改良のため、予告なく変更する場合があります。
本ウェブサイトの画面写真は、実際の製品の画面と細部に違いがあります。あらかじめご了承ください。
コピーライト